香港と中国本土関連

無料

4件表示/4件

代理人PE 執筆日:2022年3月30日
執筆日:2022 年 3 月 30 日 代理人 PE PE(Permanent Establishment:恒久的施設)は、一言でいえば、外国企業の国内営業拠点です。つまり、「支店などの拠点(分枝機構)がある」。「そこが営業活動をしている」という双方の条件が整うと、PE として認定されます。 ただ、実際の拠点が無いにも拘らず、税務上では、有ると見なされ、PE 認定されることが有り、これを見なし …
2022-03-30
香港と中国本土の租税協定 掲載日:2008年9月3日
掲載日:2008 年 9 月 3 日 香港と中国本土の租税協定 1.租税協定の内容 香港は中国の一部ですが、一国二制度の原則の下、異なった税制が採用されていますので、両地域を跨いでビジネスを行う場合、二重課税が発生する可能性があります。 この様な問題を調整する為に、1998 年に現在の租税協定が締結されました。 但し、旧租税協定は、全七条から構成される簡単なもので、通常の租税条約(中国が他国と結…
2014-10-28
香港と本土の租税協定における来料加工のP/E問題 掲載日:2008年9月3日
掲載日:2008 年 9 月 3 日 香港と本土の租税協定における来料加工の P/E 問題 多くの香港企業が珠江デルタで来料加工を行っています。 これは、珠江デルタ式来料加工と呼ばれる特殊な形態の来料加工ですが(内資三来一補工場の名義借り形式)、この珠江デルタ式来料加工が香港企業の P/E となるかどうかに関る解釈が、国家税務総局よりでています。 その内容(内地と香港特別行政区の所得に対する二重…
2014-10-28
香港と本土の租税協定における183日ルール 掲載日:2008年9月3日
掲載日:2008 年 9 月 3 日 香港と本土の租税協定における 183 日ルール 香港と中国本土の租税協定では、個人所得税課税に関する 183 日が、通常とは若干違う形式で規定されています。 この内容ついて、「内地と香港特別行政区の所得に対する二重課税防止、徴税漏れを防止する事に関する取り扱い規定に関する条文解釈と執行問題についての通知(国税函[2007]403 号)、以下、通達」の内容を踏…
2014-10-28