トップ  >  常駐代表所の開設手続 掲載日:2008年9月3日

掲載日:2008年9月3日
常駐代表所の開設手続

常駐代表所の開設手続は以下の通りです。

  1. オフィスの賃貸契約の締結と国土房産局での登記
  2. 工商行政管理局での開設登記
    • 標準所要時間
      手続がスムーズに行った場合2〜3週間程度
    • 必要書類
      • 外国企業常駐代表機構開設登記申請書
      • 外国企業の登記簿謄本(公証手続の上、中国大使館のビザを取得)
      • 銀行信用証明(公証手続の上、中国大使館のビザを取得)
      • 董事会名簿(公証手続を要する)
      • 出張所の首席代表に対する委任状
      • 首席代表の履歴書と身分証明書
      • オフィスの賃貸契約書
      • 工商行政管理局が要求するその他の資料(前年度納税証明・中国企業との取引状況を示す資料など)
  3. その他の手続
    想定所要期間:全ての作業を同時進行させた場合、2〜3週間程度
    • 公用印の取得
      関係機関:公安局
      必要書類:申請書、首席代表の身分証明書、出張所の登記証
    • 企業代碼証(企業認識番号)の取得
      関係機関:技術監督局
      必要書類:申請書、出張所の登記証
    • 銀行口座の開設
      関係機関:銀行
      必要書類:口座開設申請書、出張所の登記証、首席代表の身分証明書、公用印
    • 税務登記
      関係機関:国家税務局、地方税務局
      必要書類:申請書、出張所の登記証、企業代碼証、首席代表の身分証明書
プリンタ用画面
前
来料加工取引の終了 掲載日:2008年9月3日
カテゴリートップ
設立撤退組織再編
次
常駐代表所の閉鎖手続 掲載日:2008年9月3日