トップ  >  来料加工取引の終了 掲載日:2008年9月3日

掲載日:2008年9月3日
来料加工取引の終了

珠江デルタ流来料加工契約の解除手続は、概ね以下の通りです。

  1. 来料加工契約終了協議書の締結
    契約当事者間で、来料加工契約終了に関する合意書を作成する。
  2. 税関による「無償提供設備・保税品」の審査
    1. 無償提供設備に関わる監督解除申請
    2. 再輸出、若しくは国内処分に関する許可取得
    3. 保税品(製品・仕掛品・原材料)の検査及び処分申請
  3. 商務代理(経済発展公司等)に委託し、外貨決済の消しこみ照合(核銷)の実施及び終了証明の取得
  4. 来料加工契約解除の認可申請
    所管部門:対外経済貿易部門

    必要書類:

    • 来料加工契約終止協議書
    • 無償提供設備処分リスト
    • 保税品管理・処分に関する証明書
    • 外貨核銷完了証明書
    • その他
  5. 国税・地税登記抹消
  6. 工商行政管理局登記抹消
  7. 税関登記抹消及び加工登記手帳の返却

上記は、来料加工契約の終了に伴う手続の流れですが、珠江デルタ式来料加工工場は、当該来料加工契約に紐付いたSPCである為、来料加工契約の終了に際しては、これらの手続に加えて、「不動産賃貸契約の打ち切り、人員の解雇、会社の清算等」を伴う事に留意下さい。

プリンタ用画面
前
来料加工の開始手続 掲載日:2008年9月3日
カテゴリートップ
設立撤退組織再編
次
常駐代表所の開設手続 掲載日:2008年9月3日