トップ  >  【水野コンサルタンシー中国ビジネス情報】ダイジェスト版Vol.62

【水野コンサルタンシー中国ビジネス情報】ダイジェスト版Vol.62( 2016年1月25日発行)

平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

本日、水野財務諮詢(上海)有限公司発行のメルマガ(第6回)をお届け致します。
本メルマガでは中国の会計・税務に関する情報をご提供いたします。
みなさまの中国ビジネスにお役立てください。

水野財務諮詢(上海)有限公司は、水野コンサルタンシーグループの一社として、中国における会計・税務コンサルティングを専門としており、記帳代行、税務申告代理、月次財務諸表のレビュー、月次(四半期)訪問監査、財務内部体制整備などの各種サービスを提供しております。


◎【中国ビジネス・会計税務情報】
中国の「会計書類管理弁法」の改正について

今回は、中国の「会計書類管理弁法」の改正について解説いたします。

一、「会計書類管理弁法」について

「会計書類管理弁法」は「中国人民共和国会計法」、「中国人民共和国書類保管(档案)法」に基づき制定され、中国の財政部・書類保管(档案)局より公布されています。
「会計書類管理弁法」は主に会計書類の内容、分類、保存期限、引継ぎ、廃棄等が規定されています。1998年に公布されて以来、17年ぶりの改正となり、改正後の「会計書類管理弁法」は2016年1月1日より施行されることとなります。

二、「会計書類管理弁法」の改正について、主な変更点は以下となります。

1、保管期限
  改正後:永久・定期(5、10、30年)
  改正前:永久・定期(3、5、10、15、25年)

2、会計電子データを会計書類として追加し、会計書類種類によって期限内の保管が必要であることが追加されています。

3、中国から海外へ投資設立された会社・支店の会計書類保管に関して、まず設立された国の法規を遵守すると共に、当該国の法規に違反しない限り、当該弁法に照らし管理することが追加されています。

4、分割・合併された会社の会計書類保管の規定について、追加されていました。

三、一般企業の会計書類保管期限の変更点について

順序 会計書類種類 改正後
保管期限
改正前
保管期限
一、会計証憑
1
原始証憑 30年 15年
2
記帳証憑 30年 15年
二、会計帳簿
3
総勘定元帳 30年 15年
4
補助明細帳 30年 15年
5
日記帳 30年 15年
6
固定資産管理カード 廃棄後5年 廃棄後5年
7
その他補助性帳簿 30年 15年
三、財務会計報告書
8
四半期、半期財務会計報告書 10年 3年
9
年度財務会計報告書 永久 永久
四、その他会計資料
10
銀行預金残高調整表 10年 5年
11
銀行預金残高照合表 10年 5年
12
納税申告表 10年 -
13
会計書類引継ぎリスト 30年 15年
14
会計書類保管リスト 永久 永久
15
会計書類廃棄リスト 永久 永久
16
会計書類評定意見書 永久 -

「会計書類管理弁法」・中文原文:
http://www.mof.gov.cn/pub/tfs/zhengwuxinxi/caizhengbuling/201512/t20151214_1613338.html

以上

中国の会計・税務サービスに関するお問い合せは下記までお願い致します。
info@mizuno-ch.com 楊紅(中国税理士)


水野コンサルタンシービジネス情報】ダイジェスト版発行者
Mizuno Consultancy Holdings Ltd.
WEBサイト https://www.mizuno-ch.com/

このメールマガジンは弊社関係者と名刺を交換させていただいた方、その他ご縁のあった皆様に発信させていただいております。
今後、このメールマガジンの配信が不要な場合は、誠にお手数ですが、下記メールアドレスへ配信停止と記載して送信をお願いいたします。
お問い合わせ、配信停止は mag@mizuno-ch.com

プリンタ用画面
前
【水野コンサルタンシー中国ビジネス情報】ダイジェスト版Vol.61
カテゴリートップ
メルマガバックナンバー
次
【水野コンサルタンシー中国ビジネス情報】ダイジェスト版Vol.63