トップ  >  【水野コンサルタンシー中国ビジネス情報】ダイジェスト版Vol.61

【水野コンサルタンシー中国ビジネス情報】ダイジェスト版Vol.61( 2015年12月25日発行)

【INDEX】

【中国ビジネス・トレンド】
保税・免税輸入設備の中国外への再輸出

【代表水野真澄新連載のご案内】
日本経済新聞「ビジネスの流儀」

【セミナー】MCH会員様、メルマガ読者様優待価格
中国外貨管理・クロスボーダー人民元の最新動向
~日本記帳の中国における円滑な経営・資金効率活用・日本への利益回収モデル
 (貿易取引・投融資・利益還元・ネッティング・組織再編とエグジットの対応)~


【書籍】
好評発売中 中国担当者マニュアルステップワンシリーズ
好評発売中 中国・増値税の制度と実務


【中国ビジネス・トレンド】

保税・免税輸入設備の中国外への再輸出

加工貿易企業が保税形態で輸入する設備(無償提供設備)、奨励分類外資企業が免税輸入した設備を、再度、中国外に輸出する場合の注意点は以下の通りとなる。

1.保税輸入設備(無償提供設備)

1)輸入段階
加工貿易企業の無償提供設備の根拠法は、「加工貿易において輸入する設備に関する通知(税関総署・対外貿易経済合作部[1998]外経貿政発383号)」となる。
無償提供設備は、従前は、関税・増値税共に保税措置の適用が受けられたが、2009年1月1日に増値税の免税措置が打ち切られ(財政部・税関総署・国家税務総局公告2008年第43号)、現在では、関税の保税措置適用が受けられる。

増値税の免税措置打ち切りの理由は、2009年1月1日の増値税暫定条例改定により、設備機械購入時に支払った増値税の控除・還付が受けられるようになった事によるもの。
但し、無償提供設備の輸入段階課税に付いては、本来、設備の所有権者である外国企業が負担すべき税金という理由で、加工貿易企業側で還付・控除が受けられず、原価処理する必要が生じている。

2)監督解除
無償提供設備には5年間の監督解除期間が設定されている。
この期間を経過すれば、所管税関に監督解除(税関リストからの削除)を申請する事ができるが、税関によって対応方法が異なるため、個別確認が必要となる。

<監督解除>
無償提供設備の監督解除は、原則として企業の申請に基づく(5年経過しても、自動的に監督解除される訳ではない)。
これは、無償提供設備の監督解除は機電輸入許可取得手続・所有権者の変更を伴うため(監督解除に際して、外国企業から加工貿易企業への設備の無償譲渡という処理を税関が行う)、免税輸入設備とは異なり自動解除が行われないもの。
但し、監督期間を満了した時点で速やかに監督解除申請を行うよう税関が指示する地域、監督解除に際して、自社工場での使用に限定という条件が付く地域等があるため、実務対応を所管税関で確認する必要が有る。

尚、「税関総署公告2001年第16号」・第3条には、監督期間を満了した設備は国外に積み戻すのが原則であり、そうしない場合は輸入手続を採るべき事が規定されているが、実際には5年経過した段階で再輸出する事例は極めて少ない。

<納税>
無償提供設備の監督解除時に、輸入から5年(監督期間)が経過していれば、輸入段階で課税留保された関税・増値税の追納は不要です。
未経過の場合は、未経過期間に対して月単位で関税・増値税を納付する必要が有る。

3)再輸出
無償提供設備を再輸出する場合、監督解除済みか否かで手続が異なる。

イ)監督解除されていない場合
監督解除されていない場合は、国外に無償で積み戻す事ができる。
輸出に当たり、関税・増値税の課税を受ける事はない。

ロ)監督解除されている場合
監督解除の一義的な意義は、税関リスト(処分制限リスト)からの削除であり、設備の所有権に本質的な変更を与えるものではない筈だが、実務上、監督解除は 輸入手続を伴う(監督解除時に加工貿易企業が機電輸入許可を取得し、輸入手続きを行う)事から、この段階で「外国企業から中国企業(加工貿易企業)に対し て設備の無償譲渡が行われた」と見なした税関処理が行われる。
結果として、監督解除済の無償提供設備は、外国企業に対する返却ができず、一般貿易形態での輸出が必要(税関許可が必要。また、適切な輸出貨物代金の設定が必要となる)。
尚、一般貿易形態の輸出に関しては、増値税の免税措置が適用され、輸出に際しての課税は無いが、輸出還付も受けられない(無償提供設備の輸入段階で課税される増値税は還付・控除が認められないため)。

2.免税設備(奨励類外資企業の免税輸入設備等)

1)輸入段階
奨励分類外資企業が総投資の範囲内で輸入する自己使用設備は、「国務院の輸入設備税収政策を調整する事に関する通知(国発[1997]37号)」に基づき免税輸入が可能となる。
従前は、関税・増値税双方の免除措置が適用されていたが、2009年1月1日より増値税の免税措置は打ち切られたため(財政部・税関総署・国家税務総局公告2008年第43号)、現在では関税のみが免税対象となる。
奨励分類企業の免税輸入に関しては、(無償提供設備とは異なり)輸入者である外資企業が所有権を有するため、輸入段階で課税された増値税は還付・控除が認められる(一般納税義務者である事が前提)。

2)監督解除
免税設備の監督期間は無償提供設備と同様5年。
無償提供設備とは異なり、免税輸入設備の場合は、5年経過すれば自動的に監督解除が行われる(税関総署令2009年179号)。
⇒ 奨励分類企業の免税輸入の場合は、既に、所有権移転・輸入手続が完了している為、監督期間満了により、自動的に監督解除が行われる。

3)再輸出
免税輸入設備を再輸出する方法には、「監督解除後の設備を一般貿易形態で輸出する場合」と「免税状態のまま積戻す(退運)方法」の2種類がある。
双方、輸出=売却行為になるため、適切な輸出代金を設定する事が義務付けられる。

イ)一般貿易形態(監督解除後の再輸出)
この方法で再輸出を行う場合、5年未経過の設備の場合は、税関に監督解除申請をし、関税・増値税を追納した上で輸出許可を申請する。許可取得後、検験検疫局に消毒申請をした上で輸出する事になる。
輸出に際しては免税措置が適用される(5年未経過の状態で監督解除した場合、支払った増値税の輸出還付は受けられない)。
⇒ 「中古設備輸出増値税還付(免税)暫定弁法(国税発[2008]16号)に、免税輸入設備を再輸出した場合、増値税の輸出還付は受けられない事が明記されている。

ロ)積戻し
免税措置を継続のまま再輸出する方法であり、監督期間中の再輸出でも輸入段階課税の追納は不要。
但し、手続が規範化されておらず、所管税関や関連政府機関(商務主管部門等)の運用に委ねられる面が有る点、注意を要する。起こり得る問題は、以下の通り。
● 当該設備が現物出資されたものである場合、減資要求を受ける場合がある(外資企業の減資許可取得は極めて困難)。
● 輸入価格と同額で再輸出する事を要求される場合が有る。

この形態の再輸出に付いても、増値税の免税措置が適用される。
⇒ 関税も増値税も課税されないまま再輸出される(増値税の還付もない)。

以上


 代表水野真澄新連載のご案内

12月3日より日本経済新聞にて、弊社代表水野真澄の連載が開始されました。次回の掲載は2016年1月7日(木)電子版・アジアコーナーを予定しております。

水野真澄の現在の連載は、以下の通りとなっております。

・ 日本経済新聞(ビジネスの流儀) 月1回・木曜
・ 時事通信(水野真澄の目からウロコ) 隔週・金曜
・ NNA(中国ビジネス講座) 毎週・月曜
・ コンシェルジュ(中国ビジネスQ&A) 月1回刊行


 【セミナー】MCH会員様、メルマガ読者様優待価格

中国外貨管理セミナー -中国外貨管理・クロスボーダー人民元の最新動向-

この度、企業研究会では「中国外貨管理・クロスボーダー人民元の最新動向応
~日本記帳の中国における円滑な経営・資金効率活用・日本への利益回収モデル(貿易取引・投融資・利益還元・ネッティング・組織再編とエグジットの対応)~」セミナーを、下記の要領で開催いたします。

‐‐‐‐‐

中国でビジネスを行うに当たり、外貨管理の理解は必要不可欠です。
中国の外貨管理は、経常項目は原則自由・資本項目は原則制限の前提ではありますが、原則自由である経常項目決済にも、複雑なルールが存在し、そのルールは目まぐるしく変化します。円滑なビジネス遂行の為には、常に最新の状況を把握する必要があります。

このセミナーでは、中国でビジネスを行うに当たって理解が必須となる、貨物代金決済(ユーザンス・前受け・前払・オフショア取引・保税取引等)、非貿易項目決済(配当・フィー・ロイヤルティの対外決済)、人件費決済、国際間の立替金決済 等に関する最新状況を解説します。
ま た、2009年7月に人民元対外決済試行措置が開始されて6年が経過し、その環境は大きく変わりました。経常項目は規制緩和が完了し、人民元建て投融資が 可能となった結果、オフショア人民元の調達と、クロスボーダー人民元決済の有効な活用により、中国法人の有利な資金調達が可能となります。
ここでは、中国法人にとって、有利なオペレーションを可能にするクロスボーダー人民元取引の活用方法を解説します。

*今回の講演では、中国の外貨管理上初めてネッティング、国際間のプーリング(国際間の相殺決済・資金移動)を認めた、外貨・クロスボーダー人民元による資金集中管理の内容と実務上の注意点についても解説します。

<プログラム>
1. 輸出入・国内取引上の外貨決済と注意点
1.貨物代金決済の原則
2.非居住者(日本企業)の中国内販売関与
3.債権債務の相殺
4.三国間取引(オフショア取引の対応可否)
5.保税区域外貨管理
 
2. ユーザンス、前受・前払取引制限
1.輸出ユーザンス
2.輸入ユーザンス
3.輸出代金前受け金
4.輸入代金前払金

3. 配当・フィー・ロイヤルティの対外送金
1. 非貿易項目対外送金の原則
2.配当金の対外送金(外資企業・内資企業)
3.コンサルティングフィー、技術指導料の対外送金
4.ロイヤルティ等(無形資産の譲渡・使用対価)の対外送金
5.コミッションの対外送金
6.国際間の立替金決済
7.人件費の送金とPE認定

4. 外資企業の資金調達方法(投融資)
1.資本金払込みと使用の制限
2.クロスボーダー借入制限
3.中国内の銀行借入と委託貸付
4.現地法人設立前の口座開設と資金の使用
5.中国法人の国外口座開設

5. 組織再編と持分譲渡(買収、エグジット)に関連する外貨管理
1.直接投資に関する外貨管理局許可の要否
2.持分譲渡の対外決済方法
3.外資企業の国内再投資に関する外貨管理

6. 人民元対外決済試行措置の現状
1.人民元対外決済の状況
2.人民元建てユーザンス取引と総量規制の関係
3.人民元による対中投資
4.クロスボーダー人民元融資
5.上海自由貿易区のクロスボーダー人民元優遇措置

7. 多国籍企業の資金集中管理(双方向プーリング、ネッティング)
1.外貨によるプーリング・集中決済
2.人民元プーリング・集中決済

■ 日時 2016年1月29日(金) 13:00~17:00
■ 会場 東京・麹町 企業研究会セミナールーム
■ 主催 一般社団法人企業研究会
■ 講師 Mizuno Consultancy Holdings Ltd.代表取締役社長 水野真澄
■ 受講料 通常…35,640円
MCH会員様…25,920円
非会員様(MCHメルマガ経由申し込み)…29,160円
※申込書に、会員様は「MCH会員」、一般の方は「MCHメルマガ経由申込」とご明記下さい。
参加ご希望の方は、以下詳細ページをご確認の上、直接、企業研究会へお申し込みください。

■詳細HP https://www.bri.or.jp/seminar/43381

■お申し込み・お問合せ先
所定申込用紙にてe-mailまたはFAXでお申込みください。
一般社団法人 企業研究会 事業開発部
担当:福山 E-mail : fukuyama@bri.or.jp
〒102-0083 千代田区麹町5-7-2 麹町31MTビル2F
TEL 03-5215-3512  FAX 03-5215-0951


【書籍】

好評発売中 中国担当者マニュアルステップワンシリーズ

中国ビジネス初心者の方に、法律と実務のポイントをわかりやすく、明快に解説するのが『ステップワン』シリーズです。

第1作 詳細ページ http://chasechina.jp/item/4621
最短距離で中国ビジネスを俯瞰するための、担当者様向け初級マニュアルです。
中国進出・組織再編・撤退、貿易・ビジネスモデル、外貨管理・クロスボーダー人民元、国際税務に関する事項を網羅しています。

【商品情報】
B5版/160ページ
著者:水野真澄
定価:2,400円+税 会員価格(MCH,チェイス会員様):2,000円+税
※香港売価格:一般300香港ドル 会員価格:200香港ドル
※中国で購入を希望されるお客様は下記へお問い合わせください。

第2作 詳細ページ http://chasechina.jp/item/4835
中国の会計・税務にスポットをあて、会計編では、中国会計制度の特徴と実務上考慮すべき点について、企業会計制度と新会計準則の相違点や企業所得税法との関係を踏まえて解説しています。
税務編では、中国の主要な税金である、企業所得税・個人所得税・増値税・営業税・消費税・付加税の各ポイントを解説しています。

【商品情報】
B5版/128ページ
著者:水野真澄
初版発行日:2015/9月
定価:2,400円+税 会員価格(MCH,チェイス会員様):2,000円+税
※香港売価格:一般280香港ドル 会員価格:200香港ドル
※中国で購入を希望されるお客様は下記へお問い合わせください。

【お申込み・お問い合わせ】info@mizuno-ch.com  (担当:前田)

好評発売中 『中国・増値税の制度と実務』

現在進行形で改革が進む中国の増値税制度。
従来の『財貨の増値税』に加え、営改増試行措置の一環として営業税から増値税課税に切り替えられた『役務の増値税』について、その基礎と応用を実務の視点でわかりやすく解説します。

なぜ小規模納税人からの調達が敬遠されるのか・・
非居住者が中国企業に増値税課税役務を提供した場合の税コストはいくらになるのか・・
返品や値引きが発生した場合の発票修正方法は・・
輸出における免税とゼロ税率の違いは・・
国際輸送を行う貨運代理会社の増値税免税適用手続きは・・
流通税改革が進められる背景には何があるのか・・・etc.

増値税制度に関するより深い理解と情報のアップデートに本書籍をご活用ください。
なお、本作の附属資料として・重要法令の日中対訳・中国税務の実務書類各種フォーマット(日中対訳)・増値税システム画面参考画像集を収録しております。

【商品情報】
詳細ページ http://chasechina.jp/item/4624
A5版/256ページ
著者:水野真澄
制作:株式会社チェイス・チャイナ
定価:3,800円+税 会員価格(MCH,チェイス会員様):3,500円+税
※香港売価格:一般435香港ドル 会員価格(同上)350香港ドル
※中国で購入を希望されるお客様は下記へお問い合わせください。

【お申込み・お問い合わせ】info@mizuno-ch.com (担当:前田)

2015年12月29日~2016年1月3日の期間は年末年始休業のため、商品の発送、及びお問い合わせ対応をお休みとさせていただきます。



水野コンサルタンシー中国ビジネス情報】ダイジェスト版発行者
MizunoConsultancyHoldingsLtd.
WEBサイト https://www.mizuno-ch.com

このメールマガジンは弊社関係者と名刺を交換させていただいた方、その他ご縁のあった皆様に発信させていただいております。
今後、このメールマガジンの配信が不要な場合は、誠にお手数ですが、下記メールアドレスへ配信停止と記載して送信をお願いいたします。

お問い合わせ、配信停止は mag@mizuno-ch.com までお願いします。

プリンタ用画面
前
【水野コンサルタンシー中国ビジネス情報】ダイジェスト版Vol.60
カテゴリートップ
メルマガバックナンバー
次
【水野コンサルタンシー中国ビジネス情報】ダイジェスト版Vol.62