トップ  >  【Mizuno-CH中国ビジネス情報】ダイジェスト版Vol.53

【Mizuno-CH中国ビジネス情報】ダイジェスト版Vol.53( 2015年8月17日発行)




  • 【中国ビジネス・トレンド】
    地方政府が決定した税務優遇措置の実行について

  • 【セミナーのご案内】
    (横浜)中国市場で戦うための3つの実践ポイント/販売戦略・現法経営・国内営業

  • 【チェイス・チャイナ媒体への広告掲載のご案内】
    ※チェイス・チャイナは水野コンサルタンシーグループの1社です。
    広告掲載のご案内




◎【中国ビジネス・トレンド】



地方政府が決定した税務優遇措置の実行について



Q1.地方政府が設定した税務優遇の実施に関する国務院の通知が出されたと聞きましたが、どのような内容でしょうか?
A.該当の通知は、2015年5月10日に公布された、「税収等の優遇政策に関連する事項の通知(国発[2015]25号)」です。
税務優遇措置は、原則として国務院の批准が必要であり、地方政府が独自に設定する事はできません。但し、地方政府が設定した既存の税務優遇については、国務院の批准が無いものであっても有効期限内はその執行を行うようにと指示する内容です。
今後、地方・部門が新たに設定する優遇措置については、税収等に関わる場合は、国務院の批准を得た後に執行しなくてはなりません。




Q2.企業に対してはどのような影響が考えられますか?
A.2008年1月の企業所得税法改定以降、地域を限定した優遇、外資である事を前提とした優遇措置は原則として禁止され(西部地域の開発に付いては、国発[2007]39号で継続が認められる等の例外有り)、また、地方政府が独自に優遇税制を規定する事も禁止されました。
この結果、地方政府が既に設定していた優遇措置の履行が可能か否かについて不透明な状況が生じ、優遇措置の不履行などの懸念も有りました。
今回、上記の通知が公布された事により、既存の優遇措置に関して執行される根拠が出された事は、当該地域に進出した企業にとっては朗報といえます。




Q3.地方の優遇措置を享受するにあたっての注意点はありますか?
A.地方が決定する優遇措置の内容は、税金(企業所得税、個人所得税、流通税)等の一部還付、軽減税率適用、タックスホリデーなど様々です。
以前、外資企業に対して適用されていた所得税法(外商投資企業及び外国企業所得税法)の場合、各種の税務優遇措置の内、二免三減等のタックスホリデーについては、適用要件が経営期限を10年以上に設定した外資企業と決められていました。
このため、10年未経過の状況で解散する場合、既に享受した優遇措置の返却が義務付けられます。これは、逆に言えば、企業を10年以上存続させれば、優遇措置の返却は不要という、明確な基準が存在していた事を意味しますが、地方の優遇措置の場合、この様な条件が明確となっていないのが通常です。
この結果、一旦、優遇措置を享受した場合、経営期限満了前に解散すると、返却を求められる事例が少なからず発生していますので、進出決定時・撤退時の採算の算定時には注意が必要となります。




◎【セミナーのご案内】



中国市場で戦うための3つの実践ポイント/販売戦略・現法経営・国内営業
~中国市場で勝ち抜くための実践セミナー(全3回)



本セミナーでは、中国市場で戦うための3つの実践ポイント(販売戦略・現法経営・国内営業)を、全3回にわたって弊社シニアアドバイザー松本健三がレクチャーいたします。

営業マンとして、経営者として、30年以上にわたって、自ら中国市場で戦ってきた講師が、『中国で売る』ために必要なノウハウとそれを裏付ける最新データをあわせてご提供します。

主催:株式会社チェイス・チャイナ
開催日時:
第1回 8月26日(水) 第2回 10月1日(木) 第3回 10月21日(水)
各回14:00~16:00(受付開始13:30)
会場:日本丸訓練センター第3教室 住所:横浜市西区みなとみらい2-1-1
※アクセスは以下URLよりご確認ください。
http://www.nippon-maru.or.jp/facilities/pdf/map2014_l.pdf
受講料:
各1回お申込み 【MCH会員様、講師クライアント様】3,000円 【非会員様】5,000円
全3回一括お申込み 【MCH会員様、講師クライアント様】8,000円 【非会員様】12,000円
※一括でのお申込みがお得です。
セミナーURL:
http://chasechina.jp/seminar/4773

プログラム:
8月26日(水)14:00~16:00
第1回:激変する中国投資環境と中国販売戦略の秘訣
1.世界の工場から世界の市場へ
2.サービス業が製造業を超えた中国経済の現状
3.中国消費者への販売戦略
4.越境EC(電子商取引)の現状と実務
5.インバウンドの活用と効果的手法
6.日系企業と欧米企業との販売戦略の相違
10月1日(木)14:00~16:00
第2回:中国での会社経営と与信管理の秘訣
1.日系企業は儲かっているか?
2.お客はどこにいるのか?
3.研究開発、製造はどこでやればいいのか?
4.ISOは本当に必要か?
5.現地社員の採用は人材会社、それとも直接採用?
6.中国で与信管理(債権回収)はできるのか?
10月21日(水)14:00~16:00
第3回:世界市場の中国内販営業の秘訣
1.日本の販売額を超える中国市場
2.中国内販で成功している日系企業一覧
3.中国消費者の構造
4.販売とコネ(関係)の相関関係
5.コネの拡大方法
6.中国を経由して世界市場へ

講師:松本 健三(Mizuno Consultancy Holdings Ltd.シニアアドバイザー)
1975年:早稲田大学卒業、日商岩井入社
1980年~1985年:北京駐在事務所(機械担当)
1995年~1997年:豊和工業シンガポール販社役員(営業部長)
1999年~2001年:日東(上海)機械技術中心有限公司:副総経理
2001年:日商岩井とニチメン合併(現双日)により早期退職、トレルボルグ社(スエーデン)日本市場マーケッティング部長
2004年:タイコエレクトロニクス(米国)アジア大洋州販売部長
2007年:関電電子有限公司(天津・佛山)中国総代表
2011年:水野コンサルタント・シニアアドバイザー
2014年度ジェトロ上海中小企業 海外展開現地支援プラットフォーム事業コーディネーター

お申込み方法:
E-mailまたはFAXにてお申込みください。
申込書付きの詳細案内(PDF)はこちら

株式会社チェイス・チャイナ
担当:前田・横幕 E-mail :info@chasechina.jp
TEL 045-277-3777 FAX 045-277-3801




◎【チェイス・チャイナ媒体への広告掲載のご案内】



株式会社チェイス・チャイナはMCHの子会社であり、水野コンサルタンシーグループの1社です。



チェイス・チャイナ&アジアとは、中国を主軸としてアジア各国のビジネスに関する情報およびコンテンツを提供するビジネスサイトです。
提供する情報の分野はマクロ経済、法務、会計税務、人事労務、マーケティングなど多岐にわたり、実務に直結する研修セミナーの主催やビジネス書籍の出版、DVD講座の制作販売などを行っています。
当サイトの閲覧は、アジアビジネスの情報への関心が高いユーザーが多数を占めており、付加価値の高い皆様の商品とサービスのユーザーへのアプローチをお手伝いさせていただきます。



広告メニュー
チェイス・チャイナ&アジアでは、二つの広告メニューをご用意しております。



1. チェイス・チャイナ配信メールマガジンの専用枠による広告
チェイス・チャイナが配信するメールマガジン(テキスト形式)に専用枠を設け、皆様の商品やサービスをPRいたします。
皆様が主催されるセミナーの集客などにもご活用ください。



2. EメールDM(ダイレクトメール)による広告
メールマガジン購読者へ、チェイス・チャイナ推薦として皆様の商品やサービス、セミナー等をPRいたします。
他の記事やコンテンツの掲載をせず、皆様のPRに特化したDMをEメールで配信しますので、より高いプロモーション効果が期待できます。
広告出稿に関するお問い合わせ
info@chasechina.jp (担当:杉山)までご連絡ください。



以上
プリンタ用画面
前
【Mizuno-CH中国ビジネス情報】ダイジェスト版Vol.54
カテゴリートップ
メルマガバックナンバー
次
【水野コンサルタンシー中国ビジネス情報】ダイジェスト版Vol.55