トップ  >  【Mizuno-CH中国・ベトナムビジネス情報】ダイジェスト版Vol.15 (2018年4月10日発行)

【水野コンサルタンシー中国・ベトナムビジネス情報】ダイジェスト版Vol.15

【INDEX】

【中越ビジネスマニュアル 第15回】
中国・ベトナムでのビジネス関連ビザ

【MCHベトナムコンサルティングサービスのご案内】
MCHベトナムコンサルティングサービスのご案内


【中越ビジネスマニュアル 第15回】

中国・ベトナムでのビジネス関連ビザ

外国人が、中国・ベトナムでビジネスを行う場合(出張、駐在など)には、ビザが必要となります。
今回は、滞在形態に応じたビザの種類について解説します。

【中国の場合】

中国訪問・駐在に関するビザ手続の根拠となるのは、「外国人出入国管理条例(国務院令2013年第637号)」・「外国人の入国及び短期業務遂行に関する入国手続の通知(人社部発[2014]78号)」となります。
商用で中国を訪問する外国人にとって、代表的なビザの種類は、以下の通りとなります。
● Fビザ 交流・訪問・視察等を目的とした訪問のためのビザ
● Mビザ 商業貿易活動を目的とした訪問のためのビザ
● Zビザ 中国内での就労を目的としたビザ

この内、Fビザは、ボランティア的な要素を持ったものですので、商用で中国を訪問・滞在する外国人に要求されるのは、Mビザ(出張の場合)、若しくは、Zビザ(長期滞在の場合)となります。
具体的なケースに当てはめると、Mビザは出張ビザですので、短期であり(1回あたりの連続滞在90日以内)、且つ、中国内で給与・報酬を受領しない事が前提となります。
その何れかに該当しない場合は、Zビザ・就業許可の取得が必要となります。
尚、注意点としては、以下の内容があげられます。

1)短期業務
連続滞在90日以内の短期滞在でも、Zビザの取得が要求される場合が有り、これは短期業務と呼称されます。
短期業務は、基本的には興行的な内容(スポーツ、映画、ショー、営利性公演などに関連するもの)が該当し、通常の商業性の出張はこれには該当しません。上記78号通知には、以下の内容は、短期業務には該当しない事が明記されています。
● 中国で輸入された機械設備に関するメンテナンス、設置、調整・試験、取外し、指導及び研修
● 中国内で落札されたプロジェクトに関する指導、監督、検査
● 中国内の支店、現地法人、常駐代表処に対する出張ベースの短期業務遂行

2)日本人のビザ免除
日本人の15日以内の訪問は、ビザの取得が免除されています。

【ベトナムの場合】

ベトナム訪問・駐在に関するビザ手続の根拠となるのは、「ベトナムにおける外国人の入国・出国・乗継・居住に関する法律(第47/2014/QH13号)」となります。
商用でベトナムを訪問する外国人にとって、代表的なビザの種類は、以下の通りとなります。
● DNビザ 商業貿易活動を目的とした訪問のためのビザ(出張の場合)
● LDビザ ベトナム内での就労を目的としたビザ(長期滞在の場合)

具体的なケースに当てはめると、DNビザは出張ビザですので、ビザ期限は最大で12ヶ月以下となります。但し、労働許可書を有しない場合は、最大で3ヶ月以下となりますので注意が必要です。
ベトナムでの勤務期間が1回当たり30日未満、且つ、年間の勤務期間合計が90日以下の場合は、労働許可書取得が免除されるため、DNビザを取得しての入国となります。
上記労働許可書取得の免除条件に該当しない場合は、労働許可書を取得した上でLDビザを取得する必要があります。LDビザの期限は、最大で2年以下となります。
尚、注意点としては、以下の内容があげられます。

1)招聘状の発給
ベトナム国外でビザを取得する場合、ベトナム企業からの招聘状が必要となります。ベトナム企業は、出入国管理局に対して、ビザ発給許可申請書、公証済みライセンスコピー・印鑑登録証明書を提出します。申請書には、入国予定者の氏名、性別、生年月日、国籍、パスポート番号、滞在予定期間、入港地等を記載します。出入国管理局は、申請書の受領から5営業日以内に審査結果を申請者に通知します。ビザ発給許可は、ビザ発給を行う在外公館にも通知されますので、その後、在外公館にてビザ発給申請を行うことができます。

2)日本人のビザ免除
日本人の15日以内の訪問は、ビザの取得が免除されています。ビザ取得免除の条件は、パスポートの残存期間が6ヶ月以上あり、且つ、直近のベトナム出国日から30日以上経過した後の入国であることが求められます。従いまして、直近のベトナム出国日から30日を経過していない時期に再入国する場合は、ビザを取得する必要がありますので注意が必要です。

以上



 【MCHベトナムコンサルティングサービスのご案内

MCHベトナムコンサルティングサービスは、月額USD200(既存の中国ビジネス会員様は現在の会費+US100ドル)にて、Q&Aサービスを提供し、ベトナムビジネスに関する総合的なご質問に対し、個別調査・作業を必要としない限り、回数無制限でお受け致します。
※ベトナム関連のご質問は、ベトナム契約をいただいた会員様限定とさせていただきます。

ベトナムオフィス:MIZUNO CONSULTING VIETNAM COMPANY LIMITED.
31F, Saigon Trade Center,37 Ton Duc Thang Street,
Ben Nghe Ward,District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam
Tel/Fax : (84)28-3910-1822
お問い合わせ:info@mizuno-ch.com (担当・水嶋)


【水野コンサルタンシー中国・ベトナムビジネス情報】ダイジェスト版発行者
MizunoConsultancyHoldingsLtd.
WEBサイト https://www.mizuno-ch.com

このメールマガジンは弊社関係者と名刺を交換させていただいた方、その他ご縁のあった皆様に発信させていただいております。
今後、このメールマガジンの配信が不要な場合は、誠にお手数ですが、下記メールアドレスへ配信停止と記載して送信をお願いいたします。

お問い合わせ、配信停止は mag@mizuno-ch.com までお願いします。

プリンタ用画面
前
【Mizuno-CH中国・ベトナムビジネス情報】ダイジェスト版Vol.16 (2018年7月19日発行)
カテゴリートップ
メルマガバックナンバー中国・ベトナムビジネス版
次
【Mizuno-CH中国・ベトナムビジネス情報】ダイジェスト版Vol.14 (2018年3月20日発行)